日本酒・焼酎 , 日本酒 , 普通酒,無垢,モダン仙禽,/capsulogenous181445.html,1120円,瓶囲い瓶火入れ,studiomonkeydance.com,720ml 日本酒・焼酎 , 日本酒 , 普通酒,無垢,モダン仙禽,/capsulogenous181445.html,1120円,瓶囲い瓶火入れ,studiomonkeydance.com,720ml モダン仙禽 新作販売 無垢 720ml 瓶囲い瓶火入れ モダン仙禽 新作販売 無垢 720ml 瓶囲い瓶火入れ 1120円 モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml 日本酒・焼酎 日本酒 普通酒 1120円 モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml 日本酒・焼酎 日本酒 普通酒

モダン仙禽 新作販売 ハイクオリティ 無垢 720ml 瓶囲い瓶火入れ

モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml

1120円

モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml







1800mlから
  • クール便発送
ギフトラッピング

SAKE COMPETITION 2019 サケコンペティション

《「SAKE COMPETITION 2019」にて純米酒部門銀賞受賞!》

今年は「純米酒部門」「純米吟醸部門」「純米大吟醸部門」「吟醸部門(大吟醸含む)」「Super Premium部門」「スパークリング部門」「海外出品酒」の全7部門で審査が行われました。
その中から純米酒部門にて、「モダン仙禽純 無垢 瓶囲い瓶火入れ」が銀賞を受賞しました。


《仙禽における「無垢」とは》

本来「無垢」とは、金や銀など混じりけがない事、けがれなく純真な事、素朴である事、といった意味があります。

仙禽でいう金や銀は亀ノ尾や雄町であり、素朴な定番は「無垢」である、という事なのです。


《進化する「モダン仙禽 無垢」》

仙禽の通年商品「モダン仙禽 無垢」。

28BYからは更にバージョンアップ!

麹米の精米歩合が50%から40%に引き下げ、使用米は全量「ドメーヌさくら山田錦」になりました。

製麹時間や酒母日数を延ばすなど、今までよりも更に神経を集中させ、設計から醸造までを行ってきたそうです。


頂いた案内にはこのような言葉が。

「昨年までの『モダン仙禽 無垢』とは比較にならないほどバージョンアップしたニュー・モダン仙禽無垢はビックマイナーチェンジといえるでしょう。
私たちの並々ならぬ気持ちが、このニュー・モダン仙禽無垢に反映されていると思います。」


その並々ならぬ気持ちを感じるべく、早速お酒を頂きたいと思います。

グラスに注いでまずは香りを。

香りは僅かにフルーティーさを感じますが抑えめです。

そのお酒を口に含むと、フレッシュな味わいが口の中にジュワッと浸透していきました。

そして先ほど僅かに感じたフルーティーな香りが、はっきりとした感覚として伝わってきます。

味としてはやや辛口で、飲み込んだ後には舌の上にチリチリとした感触が残っていました。


今までの「モダン仙禽 無垢」と比べて、より綺麗に味わい深くなった印象です。

現状に満足せず、より良い物を生み出したいという、プロとしての意地を感じました。

進化した「モダン仙禽 無垢」を是非ご賞味ください。


pen no423 ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒

●雑誌『Pen』「ソムリエが選ぶおいしい日本酒」で紹介されました!

雑誌『Pen』2017年3月1日No.423号の
「2017年 ソムリエが選ぶ、おいしい日本酒。」にて、
しっかりした酸を中心にまとまりある味わいのお酒として、
「モダン仙禽 無垢」が一つ星に選ばれました。



製品仕様
商品名モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml
お酒の種類日本酒
内容量720ml
原材料ドメーヌさくら山田錦
スペック非公開
アルコール15度
保存方法静かな冷暗所
製造元せんきん(栃木県さくら市馬場106)

モダン仙禽 無垢 瓶囲い瓶火入れ 720ml

溶接用語 【トップページ】
 




溶接用語 ウェブサイトへようこそ

本サイト『溶接用語』は、JIS規格に規定される溶接関連の用語・定義を引用しつつ解説を加えてまとめています。
引用は主に以下のJIS規格を参照しています。

JIS Z 3001:1999 溶接用語
Welding terms

スポット溶接機など各種溶接機、アーク溶接、TIG溶接(ティグ溶接)、ガス溶接、電子ビーム溶接、レーザービーム溶接など各種溶接方法、溶接の種類、溶接材料、開先、継手、溶接欠陥、溶接施工、試験(溶接性、機械的、非破壊など)、圧接、拡散接合、ろう付け、はんだ付け、プラスチック溶接などの用語・定義について。

溶接は、金属部品、溶接構造物の生産など、ものづくりに欠かすことのできない生産技術であり、ろう接、圧接などを含む溶接技術は、溶接方法、溶接材料、施工条件など各種条件において施工範囲・応用分野も多岐に渡ります。
溶接方法、溶接種類、試験や安全に至るまで、溶接に関する基本的な用語の理解は、溶接技術の習得には欠かせません。
溶接に関連する用語の理解に、『溶接用語』サイトをどうぞご活用ください。

『溶接用語』以外にも、JIS規格における各分野の用語・定義についてはこちらもご参考に。
内祝い お返し お菓子 ギフトセット 退職祝い 祝い 祝い返し 出産 結婚 ブライダル 引き出物 快気祝い 初盆 志 香典返し 法事 お供え メッセージカード写真入り 【内祝い お菓子 ギフト】銀座花のれん 銀座餅(15枚) <※【ハロウィン お供え お返し 出産内祝い ギフト 結婚内祝い 入学内祝い 七五三 入学祝 お返し お返し 入学祝 結婚式 引き出物 法事 引越し 挨拶 粗品】>【ギフト おしゃれ オシャレ 菓子折り】

溶接用語 - 新着情報

溶接記号

溶接記号とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。
溶接記号は、溶接の種類、開先の形状・寸法、工場溶接と現場溶接の区別など、溶接に関する事項を図面(設計図面)によって指示するための記号のことです。
溶接記号は、JIS規格においては、以下のJIS規格に規定されています。
『 JIS Z 3021 溶接記号 Symbolic Representation of Welds 』
JIS Z 3021 溶接記号 には、基本記号や補助記号などの溶接記号の規定とその記載例が一覧されて表にまとめられて解説されています。

JIS規格の定義 ⇒ "溶接記号"

アーク溶接

アーク溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
アーク溶接とは、溶接方法としては、融接(溶融溶接の略。溶接状態において材料に機械的圧力を加えずに行う接合方法の総称。アーク溶接の他には、ガス溶接、抵抗溶接、テルミット溶接などがある。)に分類される溶接方法の一種で、アークの熱を熱源として行う溶接のことです。
一般的に、アーク溶接は、電極と母材間にアークを発生させて、そのアークに伴うアークエネルギーで母材と溶加材を溶融させ、溶接ビードを形成します。

納期:【取寄品 キャンセル不可 出荷:約7-11日 土日祝除く】 【トップ工業 TOP】トップ工業 AP-1030LS アジャストピンレンチ ロングピンタイプ スパナ付 AP1030LS TOP

ガス溶接

ガス溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、溶接一般の溶接方法に定義される用語の一つです。
ガス溶接とは、融接(溶融溶接)に分類される溶接方法の一種で、ガス炎の熱を利用して行う溶接のことです。
ガス溶接は、一般的にはガス炎の燃料として酸素を使い、溶加材として溶加棒を用いて、ガス炎の熱によって母材と溶加材を加熱・溶融させて溶接金属(溶接部の一部で溶接中に溶融凝固した金属)を作り、これを凝固させて接合します。

JIS規格の定義 ⇒ "ガス溶接"

アンダカット

アンダーカットとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。アンダーカットは、溶接の止端に沿って母材が掘られて、溶着金属{溶加材から溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分)に移行した金属}が満たされないで溝となって残っている部分のことで、溶接欠陥の一種です。

JIS規格の定義 ⇒ "アンダカット"

プロジェクション溶接

プロジェクション溶接とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、抵抗溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
プロジェクション溶接は、抵抗溶接(溶接継手部に大電流を流し、ここに発生する抵抗熱によって加熱し、圧力を加えて行う溶接)の一種で、以下の参考図のように母材の溶接箇所にプロジェクション(突起部)を設けて、この突起部分に電流を集中して流し、加熱すると同時に加圧接合する抵抗溶接です。
プロジェクション溶接は、母材に設けた突起部に集中して通電させるため、溶接する母材の板厚が異なる場合でも小電流で電流密度を高くすることができるので、確実なナゲット(重ね抵抗溶接において、溶接部に生じる溶融凝固した部分)を形成し、良好な溶接を行うことができます。

衝撃の9割引突破!! 訳あり{在庫処分 SALE品 不良返品不可}バルーンフィット サンタ レディース {クリアストーン クリスマス ワンピース レディース} {コスチューム コスプレ パーティー 仮装 サンタクロース サンタ 赤} 【特価玩具】 332[20A13]

ティグ溶接(TIG溶接)

ティグ溶接(TIG溶接)とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接方法に定義される用語の一つです。
ティグ溶接(TIG溶接)は、アーク溶接(アークを熱源とする溶接)に分類される溶接で、イナートガスアーク溶接の一種です。
ティグ溶接(TIG溶接)は、シールドガスとしてAr(アルゴン)やHe(ヘリウム)などのイナートガス(不活性ガス)を用い、電極にはタングステン或いはタングステン合金を用いることから、ティグ溶接:TIG溶接(Tungsten Inert Gas welding)と呼ばれます。
ティグ溶接(TIG溶接)は、プラズマ溶接などと同じように、溶接材料に溶加棒を用い、電極(一般にタングステン電極)が溶接材料とはならない非溶極式(非消耗電極式)のガスシールドアーク溶接です。

タニタ(TANITA) / タニタ デジタルクッキングスケール ホワイト KF-100-WH タニタ デジタルクッキングスケール ホワイト KF-100-WH(1台)【タニタ(TANITA)】

アークストライク

アークストライクとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接現象に定義される用語の一つです。アークストライクは、アーク溶接(アークを熱源とする溶接(融接))の際に、母材の上に瞬間的にアークを飛ばして直ぐに切ることの意味と、その現象によって溶接部(溶接金属及び熱影響部を含んだ部分の総称)に生じる溶接欠陥を意味する場合もあります。

JIS規格の定義 ⇒ "アークストライク"

開先(かいさき)

開先とは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語の一つで、アーク溶接の溶接継手に定義される用語の一つです。
開先とは、グルーブ(Groove)ともいい、溶接を行う母材間に設ける溝のことです。
開先形状としては、I形、V形、レ形、X形、U形、K形、J形、両面J形、H形があります。
開先を設けて行う開先溶接は、継手形状としては、突合せ継手、T継手、十字継手、角継手に適用されます。なお、開先は、”かいさき”と読みます。

JIS規格の定義 ⇒ "開先(かいさき)"

ブローホール

ブローホールとは、溶接技術の分野において術語として用いられる溶接用語で、アーク溶接の溶接部の欠陥に定義される用語の一つです。
ブローホールは、溶接部における溶接欠陥の一種で、溶着金属(溶加材から溶接部に移行した金属)の中に発生する球状の空洞(気孔)のことです。
アーク溶接では溶接部はアーク雰囲気中で溶融金属が高温にさらされるので、多くの酸素、水素、窒素などのガスを吸収し、それらのガスが表面に浮き上がる前に凝固することによってできる空洞(気孔)がブローホールになります。

JIS規格の定義 ⇒ "ブローホール"